2020年1月9日木曜日

新しい訴訟(2020/1/1)



ブルーバッファローは誤解を招くマーケティングで訴えられた
–Truth about Pet Food【リンク先英文】
https://truthaboutpetfood.com/blue-buffalo-sued-for-misleading-marketing/

ブルーバッファローは灰色オオカミのイメージを際立たせて表示し、これらの製品を「自然の進化の食事」として宣伝しています。
しかし、肉食の犬にとっては健康的でない、高レベルの炭水化物が含まれており、詐欺的です・・・とのこと。

【概要】
  • 米国では数百万匹の犬は糖尿病にかかっている。
    (大多数が被告が販売しているような高炭水化物のドッグフードを食べている)
  • ドッグフード製品の炭水化物含有量は、被告の製品ラベルのいずれにも開示されていません。代わりに、被告は、タンパク質、脂肪、繊維、ビタミン、ミネラルなどの製品に含まれる非炭水化物栄養素に焦点を当てることにより、ドッグフード製品を販売および宣伝しています。炭水化物の内容は被告のウェブサイトでも公開されていません。
  • そして、この訴訟は多くのペット所有者の懸念に対処するものであり、ほとんどのペットフードメーカーはペットフードのラベルに含まれる炭水化物の割合を開示していません。