2019年9月8日日曜日

猫の手作り食<犬も同じ>


猫の手作り食の一例です。
犬も同じとアメリカ在住の、日本人の方に教えていただきました。
日本ではなかなか難しいと思いますが、下記のことに協力してくれる動物病院見つけたら検討してください。
  1. 1年に1回以上、血液検査で栄養バランスを確認する。
  2. 不足あるいは過剰な栄養素が見つかったら、サプリメントの増減で調節。

たったこれだけのことですが、もちろん主食はペットフードではありません。
朝はフリーズドライチキン(人間用)で、夜は手作り食を与えているそうです。

【レシピ】
チキン(丸ごと)2羽を切って、熱湯でしゃぶしゃぶして表面の細菌を取ってから骨ごとミンチ機にかける。
砂肝と心臓、各500g程度も瞬間茹でで細菌を殺してミンチ機へ。
生卵、ビタミンB50、ビタミンE、タウリン(重要)、DHAオイル、水を混ぜ混み
冷凍保存。・・・とのこと。

【サプリメントの量】
● ビタミンB50 肉1kgにつき1
● ビタミンE 肉1kgにつき1
● タウリン 肉1kgにつき20g
● DHAオイルカプセル 肉1kgにつき3

3年前の血液検査で、2匹の猫がカリウム不足でしたので、獣医さんに一週間に一度はカリウムの多い魚を少量与えるように言われました。おかげでその翌年からはカリウム値もパスする値になりました。電解質が心臓、筋肉、神経機能に重要だそうです。手作りの餌のチキンと他のサプリでは補いきれないようですね。」・・・とのことです。
食事の改善で、その後毎年の検査は100点満点の合格点だそうです。

もっと詳しく教えていただきました。
勉強が必要ですが情報ご希望でしたら、お電話ください。
商業用ペットフードの補填、給与の中止に使えます。

ベルテのホームページ→ http://www.belte.co.jp/
0567-23-5441 ベルテ【10時~19時】定休日⇒月曜日(毎週)

2019/09/08 以前のブログはこちらを参照してください。