2020年10月8日木曜日

過剰な炭水化物は癌の一因です

  を避けるために、生理機能と共鳴する抗炎症食を与えることが重要です。

犬や猫は 炭水化物 の栄養要件がないので、体に必要のない物質を過剰に与えないことが最善です。
犬や猫に与える不必要で不適切な食べ物(この場合は炭水化物)が多いほど、代謝ストレスが大きくなります。

長期的な代謝ストレスは、炎症を中心にペットの体に多くのダメージを与えます。
体内で炎症を引き起こしたり促進したりするものはすべて、癌のリスクを高めます。
2020年現在の研究によると、癌は実際には炭水化物を燃料とする慢性炎症に根ざした代謝性疾患です。
炎症過程は、最終的にDNAを変化させ、異常な細胞を増殖させる病気の環境を作り出します。

癌細胞は成長して増殖するためにデンプン中のブドウ糖を必要とするので、人間の栄養士とほとんどの統合的で機能的な医学の獣医は、その癌のエネルギー源を排除することが賢明であることに同意します。
ペットの食事から取り除く 炭水化物 には、穀物、マメ科植物、果糖入りの果物、ジャガイモ などのでんぷん質の 高血糖野菜 が含まれます。

ドライペットフードの 90% には、発がん性の可能性のある高度に加工されたデンプンが含まれていることに注意してください。
調理プロセス中に、炭水化物はタンパク質と相互作用し(メイラード反応)、発がん性物質として知られている高度な糖化最終産物(AGE)を生成します。
これらの副産物は、癌を回避または対処しようとする動物にとってもう1つの負担となっています。

フードにできるかぎり多くの新鮮な未加工の「本物の」食品を取り入れてください。

【関連】犬と猫の寿命をのばす方法

常識的に言えば、超加工された高度に洗練されたフードだけで育てるべきではなく、病気のペットに超加工された食事だけを与え続けることは彼らの体に最適な栄養を供給しません。

ペットの免疫学的および代謝的健康を妨げる他の有毒汚染源は、重金属、グリホサート残留物、マイコトキシン などです。

癌細胞は一般にエネルギーとして食性脂肪を使用できないため、大量の良質の未精製(非加熱)脂肪 は、タンパク質の量を減らし、デンプンを最小限に抑えながら、癌と闘うペットにとって栄養的に有益です。

炎症状態のもう1つの主な原因は、オメガ6脂肪酸が多すぎ、オメガ3が少なすぎる食事です。
オメガ6は炎症を増加させますが、オメガ3はその逆を行います。
超加工ペットフードには通常、オメガ6脂肪酸が含まれており、海洋由来のオメガ3のクリーンな供給源が不足しています。

【出典】がんのペットのための食事の推奨事項  <英文>
【参考】犬のがんのレッスン:予防のための11のツール <英文>