2020年10月12日月曜日

犬と猫は「肉食動物」です

HP ➡ http://www.belte.co.jp/

🔶 すべての品種の現代の犬と猫は、野生の祖先の食べ物を食べることができるだけでなく、実際に最大の健康のためにそれを必要とします。

 動物性タンパク質 は犬と猫の 完全なタンパク質 と見なされますが、植物性タンパク質不完全なタンパク質 と見なされます。これは、動物性タンパク質には、ペットが必要とするすべてのアミノ酸が、成長、維持、および全体的な健康に必要な量で含まれているためです。

 一方、植物性タンパク質(たとえば、コーングルテン、大豆ミール、植物性タンパク質分離物)には、アルギニン、タウリン、メチオニン、リジン、トリプトファンなど、犬や猫が必要とする適切な比率のすべてのアミノ酸が含まれているわけではありません。

 動物由来の脂肪 は、必須脂肪酸(オメガ-3など)と濃縮されたエネルギー源を提供するため、犬や猫の食事にも 不可欠 です。ただし、脂肪と炭水化物の両方がエネルギーを提供しますが、犬と猫には脂肪は不可欠ですが、炭水化物はそうではありません。炭水化物は脂肪よりも速くエネルギーを供給しますが、犬では、炭水化物の負荷により筋肉に過剰な量の 乳酸 が生成され、低血糖 につながる可能性があります。オメガ3脂肪酸には、植物由来のALA(大豆、キャノーラ油、亜麻など)と魚由来のDHA、EPAの3種類があります。犬と猫はDHAとEPAを必要としますが、ALAは必要ありません。

肉食動物、草食動物、雑食動物の解剖学的および生理学的違いの要約
肉食動物
(肉を食べる)
犬、猫、オオカミ etc.
草食動物
(植物を食べる)
牛、羊 etc.
雑食動物
(肉と植物の両方)
人間、豚、熊 etc.
植物を粉砕するのではなく、獲物を引き裂いて殺すために設計された鋭く細長い歯に加えて、垂直に動き、大きく開く顎がスムーズな切断動作を提供し、肉の大きな塊を飲み込むことができます。植物(肉ではない)を粉砕および粉砕するための理想的な表面を提供する正方形および平らな臼歯に加えて、植物を噛むために必要な粉砕を容易にする明確な横方向の動きを備えた下顎。平らな臼歯と鋭い歯は、粉砕と引き裂きの両方のために開発されました。さらに、顎が横に動いて食物を粉砕する能力もあります。
動物由来のタンパク質と脂肪をすばやく簡単に消化し、腐敗した肉に含まれるバクテリアを殺す、短くてシンプルで 酸性 の消化管。植物性食品を分解するために、体長の最大10倍の長い消化管。植物と動物のタンパク質の両方を消化する柔軟性を提供する中程度の長さの消化管。
唾液中に 炭水化物消化酵素 アミラーゼ はありません。唾液には、でんぷんの消化に必要な炭水化物消化酵素アミラーゼが含まれています。草食動物は、アミラーゼとの完全な混合を確実にするために、食物を規則正しく噛み砕きます。唾液には、でんぷんの消化に必要な炭水化物消化酵素アミラーゼが含まれています。

 🔶 犬と猫には炭水化物の栄養要求はありません

 AAFCOの2010年のペットフード栄養プロファイルと全米研究評議会の2006年の動物栄養委員会は、犬と猫は食事に 炭水化物を必要としない と結論付けています。そして、犬や猫の自然食には炭水化物がほとんど含まれておらず、主な供給源は獲物の動物の胃にある 消化済みの穀物、果物、野菜 です。

 今日の高炭水化物ペットフードは、血糖値の変動、インスリン抵抗性 を引き起こし、猫や犬の 肥満、糖尿病、その他の多くの健康問題 の主な原因と広く考えられています。

 ペットフードメーカーは製品ラベルに炭水化物含有量を記載する必要がないため、ペットの飼い主はしばしばこの事実に気づいていません。

 犬や猫は 雑食動物ではなく肉食動物 であり、非常に順応性がありますが、雑食性の食事で生き残ることができるからといって、それが彼らにとって最良の食事であるとは限りません。

 短い消化管と胃腸系により、犬と猫は、穀物や炭水化物ではなく、動物の肉や脂肪を代謝するようになっています。今日の現代の犬(あらゆる品種)は、野生の祖先の食べ物を食べることができるだけではありません。そして実際には最大の健康のためにそれを必要とします。

 犬や猫がペットフードを食べるために「進化した」と主張する人もいますが、消化器系が変わっていないという事実を考えると、この議論は意味がありません。

 【出典】犬と猫の食事の必要性:あなたが知っておくべきこと(英文)
https://healthypets.mercola.com/sites/healthypets/archive/2014/06/23/dog-cat-dietary-needs.aspx

【ベルテより】・・・
ドライfoodを与える場合、ほんの少しからでも構いませんので、本当に必要な食材に置き換え、炭水化物の摂取量を減らしてください。